NEWS

  • 地域

3階チャペルをリニューアル  グランド・ハイアット・福岡    名称は「ホワイトローズ」


 グランド・ハイアット・福岡(福岡市博多区住吉1丁目、マイケル・フォン・シーベンタル総支配人)は、8月29日、3階チャペルをリニューアルオープンした。
 新チャペル名は「ホワイトローズ」。チャペル内は、両サイドに付けられたホワイトローズの花びらをイメージしたフィンが、チャペルの入口から祭壇に向かって進むにつれて開がっていくデザインを採用。挙式者の愛の始まり「種子」、愛を育み育てていく過程「発芽」、つぼみから周囲に祝福されながらする永遠の誓い「開花」のイメージを立体的に表現した。またチャペル入り口部分には、ローズガーデンをイメージした廊下を配置しているほか、チャペル内部にも祭壇側のクロス(十字架)ウォールにバラの彫刻があしらわれている。リニューアル初年度の見込み挙式組数は600件。同ホテルでは「ロケーションに頼らず、他ホテルにないロマンティックでアーティスティックな空間に仕上がっている。福岡のどこにもないコンセプトとデザインのチャペルでより多くのカップルを取り込みたい」と話している。