NEWS

  • 地域

3月末に新早割料金形態を開始  スターフライヤー    80日前から予約可能


 株式会社スターフライヤー(北九州市小倉南区空港北町、松石禎己社長)は、3月28日から新しい事前購入型割引運賃形態を開始する。
 対象となるのは、羽田発着の北九州、福岡、関西、山口宇部線、福岡―名古屋線の計5路線。これまでスター55などの割引サービスを撤廃し、新たに「そら旅80」など早割運賃を設定。80日前までに予約すると、羽田発着の福岡、北九州線が片道9800円、福岡―関西線が6900円から利用することができる。その他、そら旅60、45、28、21、旅行日直近の割引STAR7、3、1を設ける。同社では「予約時期を調整すれば、これまでよりも500~1500円安くできるので、是非利用いただきたい」と話している。