NEWS

  • 地域

2~10月はマンション販売不振で赤字に  コーセーアールイー    通期も減収減益を予想


 マンション事業の株式会社コーセーアールイー(福岡市中央区赤坂1丁目、諸藤敏一社長)の2010年1月第3四半期(09年2~10月)決算は売上高24億1200万円、経常損益2億500万円で前期2200万円の黒字から赤字となった。
 当期は消費低迷でマンション販売が落ち込んだ。利益面では人件費などの販管費削減に努めたもののマンション販売の不振が影響した。事業別では不動産販売事業がファミリーマンションを44戸、資産運用型マンション70戸、中古マンションを20戸引き渡した結果、売上高が23億1340万円。不動産賃貸管理事業は、管理戸数が1219戸で9886万円だった。
 通期では売上高40億7000万円で前期比22・4%減、経常損益8100万円の赤字を予想している。