NEWS

  • 地域

28日、イムズに回転寿司店オープン  磯貝    初年度売上見込みは1億8000万円


 鮮魚居酒屋2店舗を運営する有限会社磯貝(福岡市早良区藤崎1丁目、末次利行社長)は、11月28日、福岡市中央区天神2丁目の商業施設「イムズ」13階に回転寿司店をオープンする。回転寿司店は初出店。
 これは同社が、来年4月に迎える同施設の開業20周年記念リニューアルの一環として入居依頼があり、出店を決めたもの。店舗面積は102平方m、席数は35席。寿司(200~600円程度)のほか、「つぼ鯛のみそ焼き」など一品料理を提供する。平均客単価は3000円。初年度売上見込みは1億8000万円。従業員は20人(アルバイト含む)。営業時間は午前11時から午後3時まで、午後5時から午前0時まで。同社は長浜魚市場と姪浜魚市場の売参権(セリの権利)を取得しており、末次社長は「福岡に届く一番新鮮な天然魚を一番に見ることができる。メニューを一定化せず、直接セリで仕入れた魚介を提供する」と話している。
 同社は1989年10月創業、91年12月設立。資本金350万円。出先は鮮魚居酒屋「博多漁家磯貝」藤崎店、天神店、辛子明太子販売店「博多磯貝岩田屋本店」。08年8月期売上高は3億8000万円。従業員20人。末次社長は福岡市出身、66年6月6日生まれの42歳、東福岡高校卒、趣味は魚釣り。