NEWS

  • 地域

20周年機にカフェスペースを拡張リニューアル  オーストリア菓子サイラー    3月11日オープン


 菓子・パン製造販売業の有限会社オーストリア菓子サイラー・ジャパン(福岡市南区長丘2丁目、サイラー・アドルフ社長)は3月11日、オーストリア菓子・パン販売店「サイラー」(同所)をリニューアルオープンする。
 今年で開業20周年を迎えるのを機に、手狭になった店舗を拡張するもの。計画ではベーカリー・菓子販売ブースに併設しているカフェスペースの西側部分を約100平方m拡張し、新たに喫茶コーナー「クリムトサロン」として営業。店内は座席約30席を配置し、壁面には名称の由来となったオーストリア・ウィーン出身の画家グスタフ・クリムト(1862年~1918年)作の絵画を展示するほか、内装色には同氏の作風を意識したゴールドを配色し優雅さを演出。またスペース中央にはベヒシュタイン社(ドイツ)製のグランドピアノを置き、定期的な演奏会も開くなど、既存のカフェスペースとは一線を画し、ゆったり落ち着いた空間とする。
 サイラー社長は「新たな大人の社交場として、ウィーンをはじめ、オーストリアの歴史や伝統を新たに発見してもらえる空間にしたい」と話している。