NEWS

  • 地域

2階建ショールームをオープン  柴田熔接工作所    披露パーティーに100人出席


 冷熱機製造の有限会社柴田熔接工作所(福岡市南区塩原3丁目、柴田勝紀社長)は、7月27日、同市南区塩原3丁目の本社近くにショールームをオープンした。当日、同所でオープニングレセプションを開催した。
 パーティーには取引先関係者ら約100人が出席。株式会社東洋製作所(東京都品川区東品川4丁目)の川原豊社長が乾杯の音頭を取り、春吉中学校太鼓部による和太鼓のデモンストレーションなどで会場は盛り上がった。ショールームの場所は国道385号沿い、塩原バス停近くで敷地面積210平方m、2階建てで延床面積143平方mを建設していたもの。同社製及び海外メーカー製の冷熱機を約10台常設する。柴田社長は「令熱機の現物を常設展示している会社はほとんど無く、このショールームが業界の活性化につながると期待している。これを機に協力会社と一緒により多くの記憶に残る仕事をしていきたい」と話している。同社は1973年8月設立。資本金300万円。従業員数13人。