NEWS

  • 地域

15年6月までに投資アパート45棟建設  三和エステート    関東地区で20棟確定


 総合不動産事業の三和エステート株式会社(福岡市博多区博多駅南1丁目、石井和俊社長)は、2015年6月期で投資用アパートを前期比15%増の45棟販売する計画を立てた。
 昨年、関東エリアで2棟販売しており、今期はすでに同エリアで15棟の建設が確定している。関東エリアでは、東京都と千葉県、埼玉県、神奈川県を対象に、駅から徒歩15分以内、敷地面積130平方m以上の土地を条件に開発していく。福岡県内での目標は市内15棟、郊外10棟の合計25棟。駅から徒歩15分以内で、敷地面積90平方m以上が条件。亀田征吾取締役は「長期的に収益が確保できる資産を提供していく。好条件の立地があれば積極的に開発したい」と話している。
 同社は1981年7月創業。資本金は1000万円、2014年6月期売上高は29億円。事業内容は賃貸管理事業、賃貸仲介事業、投資アパート事業、売買仲介事業。従業員は68人。