NEWS

  • 地域

15年3月までに飲食店10店舗  トリゼンフーズ    東京・渋谷、広島など7店具体化


 鶏肉販売、水炊き料理店経営のトリゼンフーズ株式会社(福岡市博多区千代1丁目、河津善博社長)は2015年3月までに、国内で水炊き料理店など飲食店10店舗をオープンする出店計画を策定した。
 水炊き料亭「博多華味鳥」を中心に、全国的に出店を加速することで、認知度を向上させ、同じブランド名で展開する鶏肉卸事業や通販ギフト事業などへの相乗効果を狙い、売り上げ拡大を目指す。すでに4月25日、東京都渋谷区に水炊き・もつ鍋・鳥料理店「博多華味鳥」をオープンしており、そのほか5月に広島市で料亭、9月に名古屋市で料亭、10月に福岡エリアで多業態2店舗、11月にさいたま市で多業態1店舗、年内に福岡・春吉エリアで出店が具体化している。その他3店については、繁華街に近く、出店経験のない地区を中心に用地を選定している。
 4月に出店した「渋谷別館」は、既存の「渋谷店」が手狭になったため、東側近隣地にオープン。店舗面積は133平方mで、個室も含めて65席を設置。水炊き、もつ鍋料理のほか、単品料理を多く揃え、渋谷エリアに集まる若い世代をターゲットにメニュー展開している。平均客単価は4300円。営業時間は月~木曜日が午後5時から午後11時半まで、金・土・祝日が午後5時から午前2時まで、日曜祝日が午後5時から午後10時半まで。従業員は15人。
 同社は1987年3月設立、資本金は6400万円、2013年9月期売上高は89億円。飲食店24店舗を展開。従業員は481人(パート含む)。