NEWS

  • 地域

12月、季刊フリーペーパー発行  Localink.    那珂川町などにポスティングで6万部


 WEB制作、DTP制作、OAコンサルのLocalink.(筑紫郡那珂川町今光5丁目、式啓代表)は、12月7日、月刊新聞折込紙「なかがわ」をリニューアルし、季刊フリーペーパー「春那(はるな)」を発行する。
 従来は月刊だったが季刊に変更し、媒体のサイズもB4サイズ両面からB3サイズ両面に大きくする。また、これまでは新聞折り込み主体で配布していたが、今後はすべて家庭へのポスティングになる。配布エリアは春日市、那珂川町、福岡市南区南部に加え、大野城市にも配布する。配布部数は2万3000部から6万部に増加する。広告掲載料金は1枠(横6センチ×縦7・6センチ、制作費などは別途必要)1万6800円から(求人広告は1枠1万2000円から)。ポスティングで配布するため飲食店やスクール情報などに加えて、これまで掲載不可だった不動産売買・美容エステ・金融機関の広告掲載が可能になったという。名称の「春那」は掲載・配布エリアの中心である、春日市と那珂川町の頭文字をとったもの。式代表は「6万部は那珂川町、春日市など筑紫地区西部限定では最大の媒体になる」と話している。同社は08年3月創業、従業員数は4人。来年4月にも法人化を計画している。式代表は佐賀市出身。1980年10月20日生まれの28歳。高崎市立高崎経済大学経済学部卒。趣味はギター。