NEWS

  • 地域

11月末現在でHV車23台を導入  第一交通産業   2月末までに45台


 第一交通産業株式会社(北九州市小倉北区馬借2丁目、田中亮一郎社長)が今年度から導入を始めたハイブリッド車は、11月末現在で23台となった。
 環境対策のため二酸化炭素排出量削減や燃料費削減などを図り、全国の同社グループのタクシーに導入を進めているもの。10月中旬から開始し、来年2月末までに全国で45台を導入する。11月末までに導入した台数は、北九州地区の9台をはじめ、大阪地区6台、福岡地区5台、広島地区3台となっている。車種はトヨタのプリウスEXで、ボディカラーは北九州地区が白地にブルーのライン、その他の地区は黒一色。2月末までに、北九州地区で15台、東京地区で10台、大阪地区で10台、福岡地区で5台、広島地区で5台を導入する。