NEWS

  • 地域

10月からチョコクランチを新発売  千鳥饅頭総本舗    チロリアンシリーズ4種類目


 和洋菓子・パン製造販売の株式会社千鳥饅頭総本舗(糟屋郡新宮町緑ヶ浜1丁目、原田ウルズラ社長)は、10月1日にチョコレートとクッキーを組み合わせたチロリアンシリーズの新商品「チロリアン チョコクランチ」を発売する。
 同商品は、「チロリアンハット」のクッキー部分を加工したクランチとミルクチョコレートを組み合わせ台形状に仕上げているのが特徴。価格は8本入り525円(税込)、16本入り1050円(同)、24本入り1575円(同)。初年度の売上目標は4千万円。同社直営40店舗で販売する。チロリアンシリーズ商品の開発は、昨年6月の「チロリアンアイス」に次いで4種類目。チロリアンシリーズの取扱商品を拡充することで、チロリアンブランドの向上と新規顧客開拓を図る。
 同社では「今後はチロリアンシリーズの商品開発をさらに本格化させ、チロリアンブランドの新たな可能性を見出していきたい」と話している。