NEWS

  • 地域

10億円かけ北九州市のサービスセンター建替  いすゞ自動車九州    10月着工、来秋完成


 大型・小型トラックの販売・修理、部品販売のいすゞ自動車九州株式会社(福岡市東区東浜1丁目、高祖肇社長)は10月から、北九州市小倉北区西港町のサービスセンター(以下SC)を建て替えリニューアルする。来秋完成予定で、総投資額10億円。
 建て替えを機に八幡SC(同市八幡西区瀬坂2丁目)と統合し、生産性の向上を図る。場所は北九州高速道路2号線日明IC北西。名称は「いすゞ自動車九州 北九州サービスセンター」。隣接地の426平方mを取得して拡張し、敷地面積9900平方m、事務棟や工場の建物面積3300平方m。大型車用に整備ストールを7つ、小型車用に整備ストール7つを設け、検査機器などに最新機材を導入することで整備スピードをアップする。高祖社長は「北九州は九州内でも人口が多く、今後の需要も高い地域なので基幹拠点としての位置付けになる」と話している。