NEWS

  • 地域

1月下旬、葬祭事前相談システムを発売  ニチエイ事務機福岡支店    初年度は300セット販売へ


 三菱電機グループの情報処理・通信機器販売、ソフト開発のニチエイ事務機株式会社福岡支店(福岡市中央区那の津1丁目、友納博文社長)は、1月下旬、葬祭専門業者向けに新システムソフトを発売する。
 葬儀に関する事前相談が増加し、葬祭専門業者が窓口サービスを強化しているのを受け、相談をサポートするパッケージソフトを販売するもの。名称は「葬らく 葬儀事前相談システム」。同商品は、Windоws7に対応したタッチパネル方式の新システムで、各社それぞれの斎場の様子や葬祭の流れを画像や動画を用いて相談客にわかりやすく説明できるほか、顧客情報の登録などの管理機能も搭載する。販売エリアは全国で、価格は1セット10万円台で調整中。初年度は300セットの販売を目指す。友納社長は「窓口で相談を受けるプロがアドバイスをしやすくするための機能。顧客サービスの充実のために活用してほしい」と話している。