NEWS

  • 地域

1月から企業向け出張講座を開始  日本パーソナルセラピー協会    初年度50社目指す


 セラピストの派遣・育成や、各種セラピーの施術・講演会などを手掛けるNPO法人日本パーソナルセラピー協会(福岡市博多区東比恵2丁目、黒木瑞理事長)は、来年1月から企業への出張講座サービスを始める。
 講座内容はマナーやコミュニケーション、セルフコントロールなど7種類で、1講座90~120分。対象は中間管理職や入社3年目以降の社員などで、20~30人が同時に受講できる。料金は1回5万円で、初回に限り無料。人間性育成や、うつ病予防のためのツールとして普及を図り、初年度は講座実施者数50社を目指す。黒木理事長は「うつ病予防に関しては企業の持つ責任が大きい。自分自身と向き合い、自分の気持ちに対応できるかが重要になるので、そのサポートをしていきたい」と話す。黒木理事長は北九州市小倉北区出身。1965年1月28日生まれの43歳。九州ビジネス専門学校卒。趣味は歌舞伎鑑賞。