NEWS

  • 地域

08年開催は172件で21件増、全国3位  福岡市の国際コンベンション    九大が大学トップ


 2008年の福岡市の国際コンベンションの開催数は、172件で前年から21件増えて全国第3位となった。。
 国土交通省の関連法人・JNTO(日本政府観光局)が11月25日にまとめたもので、前年の4位から順位を上げて1位の東京(23区)、2位の横浜市に次いだ。施設別特徴としては、全体の48%に当たる82件が大学で開催されたもので、そのうち九州大学が67件を占めた。九州大学は施設別で2年連続の全国2位で、大学別では全国トップだった。また、内容別特徴では、アジアに関する国際会議などが全体の21%に当たる36件を占めている。08年の主なコンベンションは次の通り。
 ▼第72回日本循環器学会総会・学術大会・インターナショナル会議(3月28日~30日、1万3320人)▼コンクリート工学年次大会2008(7月9日~11日、6200人)▼世界国際英文学大会(8月5日~8日、640人)▼第14回プラズマ物理国際会議2008(9月8日~12日、712人)▼第8回半導体実装国際ワークショップ(11月26日~28日、500人)