NEWS

  • 地域

07年の平均稼働率は64・3%で前年並み  福岡市内の宿泊施設    宿泊客、客室、定員数は増加


 2007年福岡市内の宿泊施設の平均稼働率は定員ベースで64・3%で、前年比0・2%減のほぼ前年並みだった。
 07年福岡市観光統計によると、同市の宿泊観光客数は491万人で前年比1・6%増だった。一方、ホテルと旅館を合わせた客室数は2万1910室で同2・1%増、定員数は3万2387人で同2・2%増となり、客室数、定員数とも宿泊観光客数の伸びを上回った。一年間で定員稼働率が最も高かったのは、8月の76・9%、最も低いのは1月の55・1%だった。また、ホテルと旅館の施設数は195件で前年に比べて1件減とほぼ前年と同じだった。過去3年間のホテル・旅館の推移は表の通り。