NEWS

  • 地域

黒糖を使ったクッキーを発売  タカサゴ    奄美市の企業と共同開発


 照明、音響、映像機器販売設置の株式会社タカサゴ(福岡市中央区天神4丁目、小代邦子会長)は、鹿児島県奄美市の有限会社松山(同市名瀬末広町、松山竹一社長)と共同でクッキーを開発し、9月1日から販売を開始した。
 商品名は「博多幸せのおまもりさん」。奄美産の純黒糖を使用したメレンゲクッキーで、価格は8個入りが6百円。12個入りが9百円。博多駅キヨスク2号、6号、7号売店での限定発売で初年度売上目標は1千万円。同社では「当社ギャラリー内のカフェで、奄美の黒糖を使用した和菓子を提供していたこともあり、その縁で今回の共同開発に至った。キヨスクのみの限定販売なので、このクッキーを目的にキヨスクに足を運んでもらえる人が増えてほしい」と話している。