NEWS

  • 地域

鹿児島県霧島市に10階建て賃貸マンション  ニューガイア    太陽光発電システム付きで、計81戸


 太陽光発電付き分譲、賃貸マンション開発の株式会社ニューガイア(北九州市小倉南区上石田4丁目、新地洋和社長)は2月5日、鹿児島県霧島市国分野口東に太陽光発電システム付き10階建てオール電化賃貸マンション「ニューガイア霧島」を着工した。来年2月完成予定。
 京セラ国分工場を抱えるなど同市内には多く工業団地が集積しており、賃貸需要を見込むもの。分譲、賃貸物件含めて同県内初の開発。1世帯あたり8枚の太陽光パネルを割り当て、各住戸別に太陽光パネルで発電した電力の余剰分を売電でき、月平均電気代が2500円ほどで収まる見込み。
 場所は県道471号国分市役所西口交差点西側角地。間取りは2、3LDKの計81戸。家賃は未定。同社では「今後も賃貸物件の他県展開も積極的に検討したい」と話している。
 同社は太陽光発電事業の株式会社芝浦グループホールディングス(北九州市小倉南区上石田4丁目、新地哲己代表取締役会長兼CEO)の子会社で2005年11月設立。資本金1億円。従業員16人。