NEWS

  • 地域

鹿児島県霧島市に小型食品スーパー  マックスバリュ九州    県内2店目


 イオングループで食品スーパー・マックスバリュを九州内に展開するマックスバリュ九州株式会社(福岡市博多区博多駅東3丁目、佐々木勉社長)は7月17日、鹿児島県霧島市に小型食品スーパー「マックスバリュエクスプレス松木店」を出店する。
 場所はヤマダ電機テックランド国分店隣接地のスーパー・クッキー国分中央店跡で、敷地面積は1645平方m、建物は鉄骨平屋建て店舗面積992平方m。駐車場は128台収容。営業時間は午前7時から午後11時で年中無休、従業員は久木茂治店長以下50人。「マックスバリュエクスプレス」は都市型の小型食品スーパーとして福岡、熊本、鹿児島に11店展開しており、鹿児島県内では曽於市の末吉店に続いて2店舗目。今期初の新規出店で、今期は7店舗の新規出店を予定している。