NEWS

  • 地域

高齢者向けの定額タクシー事業を本格的に開始  JTB九州    9月1日まで販売


 JTBグループの株式会社JTB九州(福岡市中央区長浜1丁目、古田和吉社長)は7月1日、高齢者向けタクシーの定額サービス「JTBジェロンタクシー」本格的な運用を開始した。
 同事業は70歳以上の高齢者を対象に自宅と登録した2カ所の目的地までの間を1カ月間定額で乗車できる定期券型のタクシーサービス。今年1月に福岡市で全国初の社会実験を実施し、今回の募集で本格的な運用を開始する。運行対象エリアは福岡市内全域(一部エリアを除く)に拡大、第一交通産業株式会社、大稲自動車株式会社、西日本自動車株式会社、福岡西鉄タクシー株式会社の4社が同事業に参画した。価格は2カ所の目的地の距離に応じて設定され、1万9500円から4万4000円で販売する。定期券は7月1日から9月1日まで販売(各社で発売日は異なる)。同社では今回の募集再開について「3月までの社会実験を踏まえた修正を反映させて今回は実施した。利用者の反応を見て10月以降の運用も検討したい」と話した。