NEWS

  • 地域

高速ファイル転送システムサービス専用サイト  ユニゾンシステムズ    商品情報の充実化を図る


 放送業界に特化したアプリケーションソフト開発の株式会社ユニゾンシステムズ(福岡市中央区荒戸2丁目、今村勉也社長)は6月27日、高速ファイル転送ソフトウェアの専用サイトをオープンした。
 自社開発の高速ファイル転送ソフトウェア「STORM」をメディア業界だけでなく、医療やゲーム、製造業界など業種問わず販路拡大する一環で、商品情報の充実を図る。内容は商品情報のほか導入事例やシミュレーションなどの項目別に図や写真、デモ動画で紹介。同社では「今後ホームページのリニューアルも計画しており、より分かりやすくサービス情報を発信していきたい」と話している。