NEWS

  • 地域

香港に2拠点目の個別指導塾  SCホールディングス    九龍島の中心街に


 学習塾経営の株式会社個別指導塾スタンダードを中核とする株式会社SCホールディングス(福岡市博多区店屋町、吉田知明社長)は1月13日、香港に2教室目の個別指導塾を開校した。
 同社は11年9月、香港に現地法人を設立、複数の個別指導塾展開を構想しており、昨年1月に開校した海外初の教室「Wan Chai(ワンチャイ)校」の生徒数が堅調に増加しているため、2教室目として「Jordan(ジョーダン)校」を開校した。
 教室の場所は九龍島西部の中心街にある佐敦(ジョーダン)駅南側の商業ビル1階。教室の広さは90平方m、生徒の収容人数は20人~25人。国内と同様に基礎学力の向上に重点を置く授業方針で、対象は小学生から高校生まで。初年度で生徒70人の入校を目指す。スタッフは社員がWan Chai校と兼任含む3人体制で、ほかに7人程度のアルバイトを現地で採用する。
 吉田社長は「日本式の塾をより多くご利用いただき、ますます信頼される塾になっていきたい」と話している。
 SCホールディングスは資本金1億3759万円(資本準備金含む)。従業員はグループ合計で272人。国内では株式会社個別指導塾スタンダードが北海道と愛知県以西に214教室を運営し、生徒数は約1万2000人。