NEWS

  • 地域

飼い犬に配慮したフローリングを発売  平川木材工業    ペットケアのアドバイザー監修


 木材加工業の株式会社平川木材工業(うきは市浮羽町、平川和彦社長)はこのほど、飼い犬に配慮したフローリングの販売を開始した。
 商品名は「犬床(いぬゆか)」。室内で犬が走り回る際、膝蓋骨脱臼(膝関節の脱臼)や肉球の負傷の原因となる滑りやすさ、ささくれを軽減したフローリング材で、種類は主に2種類。料金は「桧フローリング」が9650円/平方m、西南カバ(※)を使用した「サクラFJL フローリング」が1万3650円/平方m。直貼りや着色も別途対応可能。今後は愛犬家団体やペットショップなどを通じて全国に販路を拡大する予定。同社では「今までにない愛犬に対する足腰を考えたフローリング材を提案し、ペッ トと人が共生できる環境をつくるお手伝いをしていきたい」と話している。
※カバノキ科の広葉樹。日本ではフローリング材として人気が高く、中国では高級家具、建築、合板、内装、楽器としても用いられる。