NEWS

  • 地域

飲食店向けにネットショップの販売代行サービスを開始  興南システム    初年度受注目標は10社


 店舗企画設計の興南システム(福岡市中央区舞鶴1丁目、有田英樹代表)は、9月から飲食店向けにホームページ制作とネットショップの販売代行サービスを開始する。
 同社が企画設計を手掛けた飲食店でホームページを持っていない店舗が多いことや、物販商品があっても販売展開まで人員を充てられない店舗が多いことから、小規模店舗向けに新たな付加価値サービスとして開始する。料金はホームページ制作で6万円~10万円を想定している。またネットショップの販売代行サービスでは、注文確認や発送手続きまで同社が対応し、利益の20%をマージンとする計画。初年度受注目標は10社。有田代表は「ネットショップなどの物販事業を立ち上げることで、飲食店は新たな収益の柱を持つことができる。物販商品を持っていない飲食店向けには、商品の立ち上げ支援も手掛けていきたい」と話している。
 有田代表は北九州市八幡東区出身。1953年11月27日生まれの56歳。九州デザイナー学院卒。趣味は山登り。店舗の企画設計会社に勤務し、08年に独立。会社員時代から現在まで延べ2百店舗以上の企画設計を手掛けている。同社の従業員数は2人。