NEWS

  • 地域

飯塚市の穂波店をリニューアル  イオン九州    新規ショップ・サービスを導入


 イオン九州株式会社(福岡市博多区博多駅南2丁目、柴田祐司社長)は6月17日、飯塚市のイオン穂波店をリニューアルオープンした。
 今回の改装では、「地域との絆を強化し、幅広い世代へ対応するショッピンセンターづくり」をコンセプトに、衣料品ではミセスブランド 「T‘bis Studio」、紳士服の「シャツハウス」、子供服「DILash」など、要望の多い商品を揃えた新規ショップを導入。暮らしのコーナーでは「イオン住まいのリフォーム」コーナーを新設したほか、店頭に品揃えしていないインテリア、寝具、収納用品や大型ベビー雑貨など約8200アイテムの商品を取寄せできる「タッチゲット」サービスも導入した。
 穂波店は、イオン穂波ショッピングセンターの核店舗として1994年に開店。直営面積は1万2618平方m、従業員は加賀城秀樹店長以下350人。