NEWS

  • 地域

食品ディスカウントストアを初出店  マックスバリュ九州    福岡空港東店を業態変更


 イオングループで食品スーパーのマックスバリュを九州内に展開するマックスバリュ九州株式会社(福岡市博多区博多駅東3丁目、柴田英二社長)は8月7日、糟屋郡志免町の食品スーパー「マックスバリュ福岡空港東店」を業態変更し食品ディスカウントストア「ザ・ビッグ福岡空港東店」としてオープンした。同社では初の別業態。
 「ザ・ビッグ」は食品を中心としたディスカウント業態で、グループのマックスバリュ西日本株式会社が5年前から出店を進めている。既存業態のSM「マックスバリュ」に比べて取扱品目数を約50%削減して利用頻度の高い商品を均一価格等も含めて安価で商品展開する。柴田社長によると「食品市場へ進出を進めているディスカウントストアやドラッグストアへの対応策の一つ」という。「福岡空港東店」は敷地面積1万3521平方m、店舗面積2129平方m、駐車場は219台収容、従業員数は荒田豊文店長以下85人。営業時間は午前9時から午後9時までで年中無休。