NEWS

  • 地域

韓国語版の福岡情報サイトを開設  セガン    中国語版も今春開設予定


 広告代理店業の株式会社セガン(福岡市博多区下呉服町、大宮博徳社長)は、1月1日、韓国語による福岡市内情報サイトを開設した。
 これは、年間50万人を超える福岡の韓国人旅行者向けの情報サイトで、サイト名は「九州・福岡遊(ゆう)ナビ」。韓国語版に先駆けて、08年12月初旬には日本語版がオープンしている。韓国語版と日本語版では、文字以外のデザインは全て同じ。現在の掲載店舗数は約200店舗。今春には中国語版の製作も予定しており、同社では「公共パンフレット製作などで培った韓国語の翻訳ノウハウを生かした新規事業を構想しており08年2月に着手。フリーで遊びに来る韓国人旅行者にとって観光ガイドの代わりになるようなサイトにしたい」と話している。同社は1991年設立。資本金1000万円。従業員数20人。