NEWS

  • 地域

韓国航路減少もクルーズ船増で過去最高に  08博多港外国航路船舶乗降人員数    0・2%増加


 博多港の2008年の外国航路船舶乗降人員数(速報値)は、84・5万人(前年比0・2%増)となり、過去最高だった前年(84・4万人)をやや上回った。
 韓国(釜山)航路では、ウォン安の影響もあり日本人が約1・4万人(同53%増)増えたが、円高(ウォン安)によって韓国人利用者が約6・4万人(同11・6%減)減り、航路全体で約5万人減少した。一方、中国発着の外国クルーズ船の寄港が増えたことから約5・3万人の乗降人員があり、最終的な外国航路船舶乗降人員数は過去最高を更新する数字となった。また、全国的に見ても博多港の外国航路船舶乗降人員数は、1993年以降、全国の港湾の中で連続第1位を続けており、空港の国際線旅客者数と比較しても第6位(2007年)に位置している。