NEWS

  • 地域

韓国向け自社HPを開設  八洲産業    10月1日に


 産業機器の専門商社の八洲産業株式会社(福岡市南区大楠2丁目、高椋正年社長)は10月1日、韓国向け自社HPを開設した。
 今年6月のソウル支店開設に伴い、韓国における販売強化を図るのが狙い。韓国版HPでは日本同様、取扱製品や会社概要、問い合わせフォームなどを掲載している。同社は6月に韓国で事業者登録番号を取得。共同オフィスの一角43平方mを借り、海外事業強化の一環として韓国市場に進出している。ソウル支社では、メーターやリレーなど日本製制御機器を韓国の装置メーカーに販売しているほか、韓国の高品質な部品を日本で販売している。田島一義取締役執行役員兼ソウル支店長は「今後、韓国での人員の常駐体制を作り、拡大している韓国のマーケットでビジネスを実現したい」と話している。
 同社は、1957年11月設立。資本金は3000万円。売上高25億円。従業員数は44人(パート含む)。