NEWS

  • 地域

韓国人向けホームページの満足度調査を初実施  ホスピタブル    1位は博多区中洲のイニミニマニモ


 韓国人向けブログサイト「99s(キューキューズ)」を運営する広告代理業の株式会社ホスピタブル(福岡市博多区博多駅東2丁目、松清一平社長)は、10月1日から1カ月間、九州、山口の自治体や任意団体の韓国向けサイトの満足度調査を初めて実施した。1位は58・2点を獲得したイニミニマニモ(福岡市博多区)だった。
 九州、山口の企業や自治体40団体の韓国語サイトへの満足度計測を目的に電子メールを活用し調査したもので、99sを利用する20代~40代の韓国人ユーザー3百人を対象に、デザイン性や言葉遣い、情報量など15項目百点満点で採点。1位のイニミニマニモ以下、49・2点のマリンワールド(福岡市東区)、48・9点のグリーンランド(熊本県荒尾市)、48・7点の別府八湯ポータルサイト別府なび(大分県別府市)。46・7点の大分県観光情報公式サイト。調査対象団体の平均点は37・7点だった。松清社長は「今回の調査で満足度が総じて低く、適切な改善が求められていることがわかった」と話している。
 同社は2007年8月設立。資本金840万円。従業員3人。松清社長は福岡市中央区出身。1971年3月3日生まれの39歳。九州大学経済学府修了。趣味は三味線。