NEWS

  • 地域

青森市新町1丁目にダーツ専門店  フェリックス    同県初進出


 ダーツ機器リース・販売、飲食店経営の株式会社フェリックス(福岡市南区那の川1丁目、福永正和社長)は7月31日、青森市新町1丁目にダーツ専門店を出店した。全国26店目で、同県内初進出。
 店名は「Darts Shop TiTO(ダーツショップティト)青森店」。場所は県道16号沿い、JR青森駅南東側の「ライトワンビル」5階。店舗面積は約93平方m。店内にはテーブル2台、ダーツマシン2台を設置する。営業時間は午後2時~午後11時までで、スタッフは東慶介店長以下2人。ダーツの各種パーツ、ケースなどを取り扱い、客単価は1000円を見込む。広報担当の七田洋子さんは「全国100店舗に向け、出店を加速させる」と話している。
 同社は2001年10月設立、資本金1000万円、従業員300人(アルバイト含む)。福永社長は福岡市早良区出身、1967年8月25日生まれの47歳、東福岡高校卒、趣味はダーツ。