NEWS

  • 地域

関連会社「ベストパックサービス」を吸収合併  ベスト電器グループのさくらや    首都圏のサポート体制を強化


 地場家電量販大手・株式会社ベスト電器の連結子会社で家電製品小売業の株式会社さくらや(東京都新宿区、真崎光晴社長)は、12月15日をめどに同社関連会社で家電製品修理、請負業の有限会社ベストパックサービス(福岡市博多区千代6丁目、山口宣社長)を吸収合併する。
 これは家電市場競争激化に伴うアフターサービスの充実、市場ニーズの多様化を背景に、有限会社ベストパックサービスを吸収することで家電製品の延長保証制度に基づく修理サービスのノウハウを統合し、首都圏における新たなアフターサポート体制を打ち出すもの。合併後は、同社が運営する東京11店舗、埼玉2店舗、神奈川2店舗、千葉1店舗の計16店舗ネットワークを活用した事業効率化および物流コスト削減を推進する。同社は1963年9月に設立。資本金は1億円、従業員数は669人(08年2月現在)。07年8月期の売上高は276億9800万円。