NEWS

  • 地域

関東圏の賃貸住宅向けに菜園貸借サービス  みんみん村    来春から


 屋上菜園の施工、環境建築資材販売の株式会社みんみん村(北九州市小倉南区下石田2丁目、満井輝吉村長)は、来春から、関東圏の賃貸住宅入居者向けに菜園キットをレンタル貸しする新規事業を計画している。
 同社は、これまで法人向けに屋上菜園事業を展開していたが、賃貸住宅オーナーを対象に菜園事業を提案。屋上やバルコニーに菜園キットを設置し、入居者向けに付加価値のあるサービスを提供する。ゴムレンガや特殊軽量土壌、保護マットなどを含めた基本セット金額は50万円から(2平方mの菜園が10区画)。基本セットのほか、スプリンクラー、ゴミ箱、手すりなども希望に応じて取り付ける。同社の満井社長は「オーナーや管理組合が入居者向けに同レンタルサービスを提供することで、設置に掛かった投資はすぐに回収できる。今後も環境に特化したビジネスモデルを提案していきたい」と話している。
 同社は、2008年5月設立。資本金200万円、売上高は約2000万円(3月期)。従業員数は2人。満井社長は北九州市出身。1963年3月20日生まれの46歳。福岡大学工学部卒。趣味はドライブ、釣り。