NEWS

長崎駅前に19階建て賃貸マンション  マリモ九州支店


週刊経済2021年12月28日発行

28億円で土地取得

不動産開発の㈱マリモ(広島市)のマンション事業本部九州支店(福岡市博多区博多駅前4丁目、木村淳一支店長)は長崎県長崎市恵美須町に19階建ての分譲マンションを建設する。
長崎中央郵便局東隣の日本たばこ産業長崎支店跡地を11月に約28億円で取得。敷地面積は1885㎡。延床面積は1万3400㎡。JR長崎駅前の立地性を生かして単身層からファミリー層を幅広く取り込む。間取りは1LDK〜5LDKで戸数は160戸。22年中の着工、24年中の完成を目指す。木村支店長は「長崎市の出身なので、新幹線開業に向けて大規模な再開発が進む長崎駅前の本物件を、当社がどうしても落札したかった。新しい玄関口となる駅前に相応しい建物を開発し、和華蘭文化など含め長崎らしさを多く取り入れたい」と話している。