NEWS

  • 地域

長崎県大村市に新型ホームセンターを出店  イオン九州    大分県に続き2店目


 イオン九州株式会社(福岡市博多区博多駅南2丁目、岡澤正章社長)は9月21日、価格特化型のホームセンター「スーパーワイドマート」を長崎県大村市に出店した。6月の大分県佐伯市に続き2店目。
 スーパーワイドマートは、同社のホームセンター事業部で展開する新業態。ディスカウントに力を入れ「地域一番の価格」を目指す。また、 ドラッグ売場の設置や加工食品、酒類の品揃えを豊富にし、専門的な品揃えの園芸売場、ペットホテルやトリミングなどサービスを充実させたペット売場も展開する。
 今回出店したスーパーワイドマート溝陸(みぞろく)店は同市溝陸町の国道37号北東側でスーパーマーケット・マックスバリュ溝陸店隣接地。諫早市に隣接し長崎市を含むベッドタウンで車15分圏内の人口は約9万人、約3万2千世帯。敷地面積は2万3060平方m、店舗は鉄骨平屋建ての4889平方m、駐車場は381台収容。営業時間は午前10時から午後8時で年中無休。従業員は金子亮輔店長以下40人。溝陸店はホームセンター事業として長崎県では4店目。九州・山口にホームワイドとして47店目、同社の店舗全体では101店目となる。