NEWS

  • 地域

長崎市、大分市中心部にカラオケ店  ボナー    96、97店目


 株式会社ウチヤマホールディングス(内山文治社長)の子会社で、カラオケ店、飲食店事業のボナー(北九州市小倉北区熊本2丁目、歌野繁美社長)は、8月31日に長崎市浜町に「コロッケ倶楽部浜町店」、9月2日に大分市都町に「コロッケ倶楽部 ジャングル公園前店」をオープンした。96、97店目。
 今期中に10店舗出店を計画しており、今期6、7店目の店舗展開。浜町店の場所は長崎電鉄「西浜町アーケード前」駅東隣りの商業ビルで、店舗面積727平方m。24時間年中無休。最大20人が利用できる宴会用のVIPルーム禁煙ルームなど28室。スタッフ数21人。想定客単価1400円で、年間売上目標は9000万円。
 ジャングル公園駅前店の場所は、通称昭和通り寿町1丁目交差点北東側の「ホテルザーズオーイタ」3階で、店舗面積761平方m。営業時間は平日午後5時~翌午前6時、土日祝日午前11時~翌午前6時までで年中無休。最大30人が利用できる宴会用のVIPルームなど25室。スタッフ数15人。想定客単価1700円で、年間売り上げは8000万円を見込む。同社では「年明けには東京の浜松町に比較的規模の大きな店舗の出店を控えるなど、関東地区への出店も進めたい」と話している。