NEWS

  • 地域

長崎の吉田海運が東区に2階建て物流施設  福岡市標識設置報告書    香麗女子は本館増築


 ふくおか経済・株式会社地域情報センターがまとめた、10月15日公表分・福岡市標識設置報告書によると、今回建築予定が報告された建築物は12件だった。(建築主が個人のものは除く、標識設置日・08年9月16日~9月30日)。
 今回最も延べ床面積が広かったのは、吉田海運株式会社(長崎県佐世保市三浦町1丁目、吉田享悟社長)が、東区蒲田3丁目に建設する2階建ての物流施設「福岡インター物流センター」(仮称)の延べ床面積9042平方mだった。次いで、学校法人山内学園(福岡市南区横手1丁目、坂根康秀理事長)が同町に増築する6階建て校舎「香蘭女子短期大学本館」(仮称)の延べ床面積8653平方m(増築後3万6146平方m)、九州旅客鉄道株式会社(福岡市博多区博多駅前3丁目、石原進社長)が、東区香椎駅前3丁目に建設する10階建てマンション「MJR香椎」が続いた。詳細は表の通り。