NEWS

  • 地域

長住店を建て替え新業態の小型店に  西鉄ストア    200坪型、効率運営図る


 西鉄グループでスーパーマーケットを展開する株式会社西鉄ストア(筑紫野市針摺中央2丁目、築島俊之社長)は、福岡市城南区長住2丁目の長住店を建て替え、12月19日に新業態の「レガネットマルシェ長住」としてオープンした。
 以前は土地と建物を賃借していたが、今回店舗は自社で建て替えた。福岡銀行長住支店が同一敷地内にあり、共用の駐車場は50台収容。店舗は平屋建てで床面積855平方m、売り場面積は670平方m。「マルシェ」は小商圏に対応した200坪タイプの店舗で、都心周辺部の住宅地への出店を想定している。生鮮三品が主力で、鮮魚は中央区那の津、精肉は古賀市のプロセスセンターで加工して効率化を図る。今後は同規模の既存店改装や他社の閉店した小型店への入居などで出店を進める考え。同社では今年春、さらに小型で100坪タイプの「レガネットキュート」の展開も始めており、300~500坪の標準店と合わせて3タイプのフォーマットで店舗展開する考えだ。築嶋社長は「高齢化によって車を使わず買物をする人が増えているため『マルシェ』の規模でも立地次第で期待できる。プロセスセンターでの生鮮品加工に加え、今後はいかに人手をかけずに店舗運営できるかが課題」と話している。