NEWS

  • 地域

遠賀郡岡垣町の集合住宅地に個別指導塾  辰巳開発    福間校に続く2校目


 不動産事業の辰巳開発株式会社(北九州市八幡西区、今村重記社長)は、11月1日、遠賀郡岡垣町に個別指導塾運営・株式会社関塾(大阪市)のFC校を開校した。同社では福間校に続く2校目。
 同社が運営する集合住宅地「岡垣ふる里どんぐり村」の居住者をメーンターゲットとし、宅地内の教育施設充実を図った。場所は宅地内メーン通り沿いで、CVS「ローソン遠賀岡垣町店」南側。敷地面積は239平方m、平屋建てで建築面積は66平方m。教室、職員室、応接室を設備している。対象は小学生から高校生までで、定員は100人。従業員は5人体制でスタートし、生徒数の増加とともに増員する。工藤譲取締役総務部長は「当宅地は20~30代で小学生を持つ若い世帯が多い。子供の成長とともに、一貫して教育できる塾を開講した」と話している。