NEWS

  • 地域

運行管理者資格試験で86・8%の52人合格  希望が丘高校    全国平均は48・2%


 学校法人九州電機工業学園希望が丘高校(中間市土手ノ内3丁目、鈴木治校長)は、9月18日、自動車科56人と自動車専攻科4人の計60人が受験した運行管理者資格試験で、86・8%の52人が合格したと発表した。
 同校では株式会社おんが自動車学校(遠賀郡遠賀町大字今古賀、力武浩一社長)から講師を招き、全国で初の高校生による運行管理者資格取得を目指す授業を導入していたもの。同校では「合格率の全国平均が48・2%の中、当校生徒の合格率86・8%は特筆すべき数字。運行管理者資格保持者は運送業界では即戦力となるので、自動車科および自動車専攻科の生徒たちはよく頑張ってくれた」と話している。同校は1968年設立。