NEWS

  • 地域

透析用ケアセット好調で大幅増収増益  アグリス    今期も2ケタ増収見込む


 農業用資材、医療用具の開発・製造・販売の株式会社アグリス(福岡県八女市、中村裕之社長)の2010年3月期決算は、売上高が45億63百万円で前期比10・7%増、経常利益が7870万円で同56・6%増の大幅増収増益となった。
 医療用具のうち、「シーパックアルファ」といった主力の人工透析用ケアセット等の売り上げが同20%程度伸長したことなどが奏功した。利益面では、増収効果に加え販売管理費の抑制、工場建設があった前期の反動などで大幅に伸びた。営業利益は6730万円で同45・4%増、当期純利益は4970万円で同59・4%増だった。今期は新商品投入などで売上高は18・3%増の54億円を見込む。
 同社は1990年9月創業。資本金は88百万円。従業員は62人。中村社長は47年7月16日生まれの62歳。八女市出身。明治学院大学経済学部中退。趣味は登山、ゴルフ。