NEWS

  • 地域

輸出が前年同期比3割増と好調  博多港10年上半期貿易概要(速報値)    輸入は4・1%増


 博多税関支署がまとめた博多港の2010年上半期の貿易概要(速報値)は、輸出額が前年同期比約3割増の6781億3千万円で好調な伸びを示した。一方、輸入額は同4・1%増の3457億91百万円だった。
 輸出は中国向け自動車が増加をけん引した輸送用機器が同55・4%増の1868億63百万円、また、一般機械も半導体等製造装置が韓国向けに3・3倍となるなど好調で同61・4%増の960億71百万円となった。
 輸入は中国からの事務用機器が50・2%増と順調な伸びを示し、一般機械が同19%増の320億8千万円となった。しかし、韓国から半導体等電子部品の激減で、電気機器が同26・7%減の345億56百万円となったことから、小幅な伸びにとどまった。同税関では「今年上半期は前年同期比増となったが、09年の上半期はリーマンショックの影響から低水準だったため、単純な比較は難しい点もある。好調だった08年と比較すると、まだまだ戻っていないのが現状」と話している。