NEWS

  • 地域

赤坂2丁目に直営オーガニック専門店  むらおか    初年度年間売上目標は1億2000万円


 オーガニック野菜の生産・販売を手掛ける有限会社むらおか(福岡市博多区西月隈1丁目、村岡廸男社長)は5月20日、同市中央区赤坂2丁目に直営のオーガニック専門店をオープンした。
 同社はこれまでオーガニック野菜の卸、小売りを中心に展開していたが、今回1号店を出店したことで新たな需要開拓を図るのが狙い。場所はけやき通りの赤坂2丁目交差点近く、荒木ビル1階。名称は「MURAOKA FARM VEGETABLE」。売り場面積は約66平方m。大分の直営農場で作った主力のベビーリーフをはじめ、九州各地の有機野菜生産者が手掛けたこだわりの農産物、調味料やドレッシングなどの加工食品、無農薬無化学肥料の有機米など150種類を取り扱う。初年度年間売上目標は1億2000万円。スタッフ数は7人で常時3~4人を配置する。村岡社長は「オーガニック野菜の国内生産率は野菜全体の1%程度。今後もスーパーやホテルなど法人顧客を増やしていきたい」と話している。
 同社は1996年5月設立。資本金500万円。従業員数は49人(パート含む)。村岡社長は1946年2月9日生まれの70歳。福岡市出身。趣味は仕事。