NEWS

  • 地域

赤坂2丁目にドイツ菓子専門店オープン  千鳥饅頭総本舗    名称は「エルベけやき通り店」


 和洋菓子・パン製造販売の株式会社千鳥饅頭総本舗(福岡市博多区上呉服町、原田健生社長)は、4月18日、同市中央区赤坂2丁目のウィーン伝統菓子専門店「ヴァイセ・ローゼ」をドイツ菓子専門店「エルベ・けやき通り店」にリニューアルオープンした。
 これまでドイツケーキ、ドイツパンなどのエルベブランド製品は福岡本店を含む市内7店舗で販売していたが、今回、エルベ専門の直営店を出店したもの。場所はけやき通り沿い、アルス赤坂から約100m東側。敷地面積は約165平方m、店舗面積は99平方m。客席数はカウンター席、テーブル40席の計44席。店内には中庭および工房を設置しているのが特徴。ドイツケーキを中心にドイツパンなど10種類約60アイテムの商品、ドリンク類を取り扱う。営業時間は午前10時から午後8時まで。スタッフは5人体制で初年度年間売上6000万円を目指す。同社では「エルベ専門店はこの1店舗のみ。今後も本場ドイツの高品質な手づくりケーキを提供することで、新たなエルベブランドを構築していきたい」と話している。
 1997年8月に設立。資本金は1000万円、従業員数は400人。現在、県内に直営36店舗を展開している。