NEWS

    赤坂門市場跡地に7階建てオフィスビル 村上ホールディングス


    来年5月中旬完成予定

    不動産仲介や売買などの東邦ハウジング㈱の持ち株会社の村上ホールディングス㈱(福岡市中央区大名1丁目、村上篤史社長)は同区赤坂1丁目に7階建てオフィスビルを建設する。今年5月中旬着工、来年5月中旬完成予定。
    場所は通称大正通り沿いにある赤坂門市場跡地で、昨年10月に土地を取得し結婚式場やホテルなどの建設を構想していたが、オフィスの需要が多いことからオフィスメーンの複合ビルの建設が決定した。敷地面積は854㎡で地下1階地上7階建て、延べ床面積は4372㎡。1フロア652㎡で、1階部分はコンビニエンスストアが(214㎡)が入居、そのほか5区画貸店舗スペースがあり今後入居者の募集していく。
    2階から6階はオフィス向けフロアで、最上階7階は約100㎡、テラス席を設けたルーフトップバーの入居を見込んでいる。地下の駐輪場は、自転車116台と原付28台が収容可能。自動車は裏に4台、敷地外に5台駐車可能なスペースを設ける。村上社長は「1階の貸テナントには5店舗ほど飲食店が入居してくれれば。話題性のあるビルにしていきたい」と話している。

    2018年4月3日発行