NEWS

  • 地域

販売職希望者向けの研修部署を開設  東京都のパソナ    需要増に対応


 人材派遣、再就職支援のパソナ(東京都千代田区大手町2丁目、南部靖之社長)は、11月4日、福岡支店(福岡市中央区天神2丁目、大村健一支店長)内に販売職希望者向けの研修部署を開設した。東京、大阪、名古屋、仙台、浜松に次ぐ6カ所目。
 2011年の博多駅ビル完成や、再開発に伴う商業施設の新規建設など、今後、販売職の求人増加が予想されるため。名称は「販売キャリアセンター」。福岡エリアを中心に、販売職に特化した仕事情報の提供のほか、販売職希望者向けのカラーコーディネートや接客方法に関する研修カリキュラム育成を設けている。また、販売職の人材派遣を活用する企業向けに、人材活用のコンサルティングや販売従業員向けのメンタルヘルスケアサービスを実施する。専任スタッフは5人で責任者には大村支店長が兼任する。大村支店長は、京都府出身、1969年10月3日生まれの39歳、大阪経済大学経済学部卒。趣味は仕事。大村支店長は「経験者には、さらにキャリアアップできる環境、未経験者には、研修を通じて成長できるプログラムを準備して1人でも多くの方に販売職の雇用を支援していきたい」と話している。