NEWS

  • 地域

訪日観光客向け均一運賃販売開始  スターフライヤー    来年3月25日まで


 株式会社スターフライヤー(北九州市小倉南区空港北町、松石禎己社長)は、8月30日から訪日客向けの均一運賃を設定し、販売を開始した。
 近年増加傾向にある訪日外国人旅行者の利用を取り込むほか、地方都市への集客増を図る。日本以外のパスポートを持つ訪日客のみ利用可能。日本発着の航空券を所持していることが条件で、滞在期間中の航空券のみ購入することができる。搭乗手続き前に、パスポートと日本発着の航空券を提示する。運賃は2種類で羽田と北九州、福岡、山口宇部の各線が片道9000円、羽田-関西線と中部-福岡線が片道7000円。予約は搭乗2カ月前から前日まで、同社ウェブサイトで受け付ける。同社では「スターフライヤーの快適な空の旅でより“オトク”に日本を旅していただきたい」と話している。