NEWS

  • 地域

西鉄福岡駅に市の無料公衆無線LAN導入  西日本鉄道    ホテルや主要駅、商業施設にWi‐Fi導入計画


 西日本鉄道株式会社(福岡市中央区天神1丁目、倉富純男社長)は、西鉄福岡(天神)駅に福岡市の無料公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」を導入し、12月24日からサービスを開始した。
 近年、中国や韓国をはじめ海外からの観光客が増加する中、観光客の利便性向上と情報発信力の強化を目的に同サービスの拠点拡大に取り組む福岡市と共働で実施するもの。同社グループ施設では、西鉄天神バスセンター、博多バスターミナルに続き3カ所目の導入。ターミナル駅として1日約12万8000人が利用する西鉄福岡駅で、鉄道利用客や観光客の利便性向上を図っていく。
 「Fukuoka City Wi-Fi」は通信サービスを提供する会社(キャリア)を選ばず、屋内に居ながら誰でも手軽に高速インターネットを利用できる。西鉄福岡駅でのサービス提供エリアは2階内コンコース・外コンコース、1階中央口改札、南口改札、ステージ広場。
 同社ではこれまでに福岡市内のバス停や夜行高速バス・ホテル客室にもWi‐Fi サービスを導入しており、今後も顧客ニーズに対応し、3月に西鉄イン天神、同心斎橋(大阪市)、14年度上半期に西鉄天神大牟田線や貝塚線の主要駅や西鉄ソラリアホテル鹿児島や西鉄イン全施設、14年度内に商業施設ソラリアステージや天神コアへのWi‐Fiサービスの導入を計画している。