NEWS

  • 地域

西鉄グランドホテルの庭園をリニューアル  西鉄シティホテル    石原和幸デザイナー監修


 西鉄シティホテル(福岡市中央区天神2丁目、金子新社長)は12月13日、西鉄グランドホテル1階の庭園やエレベーターホール、ホテルの外装や周辺の植栽をリニューアルした。
 同ホテルの開業45周年の記念事業の一環で、長崎出身の庭園デザイナー・石原和幸氏が「大名の杜(もり)」をテーマに監修した。レストランから見える庭園は50種類以上の草花で彩られ、季節ごとに植物を植え替える。滝の手前にある水辺にはメダカ、金魚、蛍の幼虫を放流しており、初夏には食事をしながら蛍を見ることができ、「都会の中に自然豊かな懐かしい風景を再現している」(石原デザイナー)という。このほか、改装中の5階の挙式用チャペルは2月にオープン予定。チャペルは石原デザイナーが「2014チェルシーフラワーショー」で受賞した作品「桃源郷」の一部をモチーフにしている。
 同社広報室は「季節ごとに景色を楽しめる空間になった。5階のチャペルは洋装、和装どちらにも合うフラワーアレンジメントで、前撮りにも活用してもらいたい」と話している。