NEWS

  • 地域

西区西の丘2丁目に3階建て本社新築移転    エス・アール    4月末に新事務所業務開始


 放射線測定、X線防護工事の株式会社エス・アール(福岡市西区小戸4丁目、古賀繁夫社長)が同市西区西の丘2丁目に建設していた3階建てビルが、4月末に完成し、本社を移転した。
 業績好調で従業員増加に伴い新築移転したもの。場所は国道202号線沿いの拾六町インターチェンジ近く。敷地面積は480平方m、延べ床面積は480平方m。1階が駐車場と無鉛ボード保管のための倉庫、2階が事務所、3階が役員室となっている。同社では「これを機に、東京方面への進出を視野に入れた業務展開を図っていきたい。」と話している。
 同社は1970年11月設立。資本金2600万円。従業員数23人。07年6月売上高は2億4000万円。古賀社長は八女郡黒木町出身、1925年1月11日生まれの83歳。趣味は読書。